ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリン

スポンサードリンク

ホスファチジルセリン

DHA以外に脳に存在して、さらに外部からの栄養摂取が難しい成分、それがホスファチジルセリン

 

このホスファチジルセリンは、脳内にある神経伝達組織を活発にするとともに、ストレスなどで脳の活動が阻害されるのを防ぐという結果が出ています。

 

容易に食べ物から摂れるなら問題ないのですが、実は簡単にたくさんの量を摂ることは難しいのです。ちなみに大豆に含まれる成分なのですが、より有用な結果をもたらす量、すなわち1日100mgから300mg摂るのに大豆500粒以上摂らないとならないのです。そんなに無理ですよね。

 

そこでサプリメント。一昔前は無茶苦茶高価な栄養素で一般的になっていない成分でしたが、近年は大豆から合成できるため値段もこなれてきました。

 

なのでぜひ試してみてください。特にボケや物忘れが心配なご老齢の人、逆に若い受験世代の人でライバルから抜きん出たい人はこの栄養成分をバッチリ摂ってください。副作用などは報告されていません。ご安心を。

 

欧米諸国は活発に研究

 

このホスファチジルセリン、欧米諸国では活発に研究されております。

 

アルツハイマーやパーキンソン病の人に共通している脳内伝達物質の減少をホスファチジルセリンの大量摂取(1日100mg〜300mg)することで改善されたという事です。

 

また、脳における情報伝達の高速化にも一役買っている栄養素です。

 

ホスファチジルコリン

 

ホスファチジルコリンもホスファチジルセリン同様なのですが、結びついている物質の違いにより分けられます。

 

ホスファチジルセリンのほうが高価であると覚えておいてください。両方共ブレイン栄養素であるといえます。

 

そんな両方が贅沢に入ったサプリメントもたくさん出回っています。

 

受験生や、親御さん、おじいさん、おばあさんに是非飲んで欲しいです。

 

ご老齢になると誰でも物忘れや若干のボケは付き物ですし、主婦さんはパートや家事に追われて脳はフル回転。お父さんだって会社でさまざまな問題を処理しないといけないしストレスだらけ。

 

そんな疲れた頭に活路を。

 

PSアプローチ

これはいいですね。妻も自分も同じ感想ですが、飲むと体がぽかぽかしてきてやる気が出てきます。脳がフル回転?!している感じがします。

 

PSアプローチ

 

成分も多いですね。余計なものが本当に少ないため価値が高いです。

 

メイン成分

脱脂米ぬか 1,800mg、ホスファチジルコリン 600mg、ホスファチジルセリン 300mg

 

その他の成分

ナタネ硬化油、セルロース、シェラック

 

ナタネ硬化油はトランス脂肪酸が含まれない(メーカー確認済み)ですし、サプリメントの型から抜き取るためにごく少量使われているそうです。セルロースやシェラックも固めるための賦形剤でありごく少量しか使っていないということです。

 

メーカーも成分に関係ない余計なものを最低限度に抑えるために、固めるのに大変苦労したと言われています。安心して飲めます。

 

アマゾンで売っていました。

集中力・記憶力が気になる10代の成長期にホスファチジルセリン高配合! PSアプローチ 受験サプリメントの決定版

 

 


ホーム サイトマップ