ボケに関する病気、対策

スポンサードリンク

ボケ関連の病気について

単純にボケというのがあります。病気?!微妙なところです、加齢とともに記憶が弱ったりすることもあるので、判断は難しいです。

 

なので、あまり頻繁に訳のわからない事を言ったり、年がら年中物忘れするようでしたら病院で診てもらうのが大事です。

 

さてボケ関連の病気ってどんなのがあるのか?

 

有名なの病気が認知症です。よく聞く名前ですが、一体どういったものなのでしょうか?認知症は以前痴呆症と言われていましたが、馬鹿にしているという批判により、名称が変わったということです。

 

認知症の中でも約半数がアルツハイマーという病気ということです。アルツハイマーは脳の細胞が萎縮して認知症となるのです。アルツハイマーは脳内伝達物質であるアセチルコリンという物質が減っていることがわかっています。

 

なにゆえアセチルコリンが減るのでしょうか・・・減らない工夫、努力ってあるのでしょうか?かりにアセチルコリン自体を食べても体内の酵素により分解されてしまうので直接脳内に届くことはないらしいです。

 

なので、どうすることもできないです。なってしまったら病院へ行き、薬を処方してもらい飲むことが大事ですね。

 

さらに脳の血管に微量の血栓等による血管の状態が悪化して物忘れを誘発する脳血管性というのがあります。

 

血栓が多数あるとより認知症が悪化するため、病院へ行き適切な処置をしていただくのが当たり前に大事です。病院で薬をもらっている場合、他のサプリメントや、血液サラサラ成分の食べ物を食べるのは注意してください。

 

血液の粘土が高いため血栓が起きるので、それをサラサラにする食べ物を食べて、さらに医者から薬をもらって飲むということは、泥で詰まったホースに急激な水を流すようなもの、一気に詰まってしまいます。

 

なので、医師に血液サラサラのサプリなり、食べ物を食べる旨を告げることが大事です。本来薬に頼らず、食べ物で改善したいものです。その旨を医師に告げて、相談するといいでしょう。

 

極力薬は減らしたい、そのために食品で薬の補足をしたいと伝えるなら、医師も親身になってくれますよ。そもそも薬で血液をサラサラにするって血管に負担がかかるし、あんまり良くないです。

 

予防保全として、常に血液サラサラ状態なら、詰まることもありませんので、アルコールの飲み過ぎ、肉食中心を控え、野菜、果物をよく食べると良いです。もちろんタバコもダメ。

 

 

 

ホーム サイトマップ