あなたの人生にきっと得をもたらすもの、そう・・・頭脳です

頭が良くなる方法

スポンサードリンク

頭が良くなるには

行きたい学校へ合格したい!なんとか自分の持っている能力を引き出せないだろうか!?そんな気持ちじゃないですか?
そりゃそうですよね、だって頭の細胞は140億ともいわれ、 そのうち使っている脳細胞はたったの3%ですもの・・・

そのパーセンテージを上げれば、どんどん勉強が進むよ!なんて普通考えますよ!

ワクワクした気持ちで勉強に励むべし

ところで、ちょっと思い出してください。
どの学級のクラスにも出来のイマイチの子はいたはずです。
その子は学年が上がってもやはり成績が悪くありませんでしたか?

きっとその人は、頭を良くしたいとも考えていないし、テストで赤点でも気にしない。そのような頭を良くする事に全く興味がないから努力もしない。

だから変われないのかもしれませんね。
(もちろん例外もあり、落ち込む子だっていますが・・・本当に勉強嫌いなのでしょう。バカにしている意味ではありません。根っからの勉強嫌いな人なのでしょう。人それぞれですネ。)


このサイトをご覧の方々は、違いますよね。 何とか頭を良くしたいと考えているから調べてる訳ですから。
そんな前向きの人は、正しい努力しだいで頭の回転は速くなり、頭が良くなるはずです。
先ほどの出来の悪いクラスの子だって、頭を良くすることに興味を持って、努力しようとの思いを持てばきっと良い結果が出るのですが・・・・

子供の頭は3歳で決まる良く言いますが、と言う事は親が努力する事をしっかりと習慣付けたかどうかと言う事でしょうか?

頭が良くなるには努力が当然必要です。『努力に勝る天才無し』との格言もあります。しかし努力の方法が少々外れていたらどうでしょう?頭を良くする方法とはズバリ、効率よく努力する事です。

頭が良くなる3つの条件


頭が良くなる方法を考察してみると、要の部分が3つあると考えられます。基本ではありますが・・・頭が良くなる方法を模索しているのなら以下を確認してください。

■情報の引き出しの多さ
■応用力および発展力
■一番の大事な要が記憶力 (暗記方法)参考


であると言えます。記憶力、情報の引き出しの多さは当然であります。情報の引き出しの多さとは、インプットしている情報の多さですが、頭が良い人は必ず本が好きです。

例外は無いと思います。その反対に頭が鈍い人に限って活字の本が家に無いのです。 本を良く読んでますか?本をしっかり読むには 集中力が大事と言えます。集中して読んでいますか?

さらに頭が良い人はさらに情報を求め本を読む、ドンドン頭が進化していくのです。 その反対の人はドンドン退化していくのです。 ですから頭は毎日使う事が大事です。


では、応用、発展力と頭が良くなるとはどんな関連があるのでしょう?

発展で大事なのは、自身の頭が良くなったイメージを持てることが重要です。
努力をして、成功した自分をイメージして、さらに発展していく。
これは基本です。
イメージトレーニングなんて気休めで関係ない。とお思いの方、これは大間違いです。

プロのアスリートもイメージトレーニングはものすごく大事との位置づけをしていますし、ボクサーもシャドウボクシングでは相手をノックアウトしたイメージを描きながらトレーニングしています。 舐めたら成功しません。運動だけの話ではありません。学問の世界も同じといえます。

これはセルフイメージと言います。 自分の乗り越えられない部分を仕方ないと思い込むのなら、努力しても結果が出ないのです。

では判断力はどうでしょうか

正しい判断ができて、判断力が優れていると言えます。
正しい判断はやはり情報の引き出しが多い事が大事なのは言うまでもありません。

さらに、この部分が努力のしどころ。学校の先生もプロですが、そのプロにしつこいくらい聞いて、質問攻めするくらいの行動力があれば成績も上がりますよ。勉強における正しい判断力の養い方は、プロから教えてもらい、感覚を盗んでください。そのための量稽古は大事ですし、きっと将来に実を結ぶでしょう。

ホーム サイトマップ